2010年04月06日

水彩額のサイズ表記

no-title

今お使いになっている額縁が古くなった、イメージを変えたいなど
の理由で買い換える時、同じ規格サイズの額縁をお求めになれば入
れ替えも簡単になります。
その場合、現在の額の規格サイズを調べる時のお話。
今回は水彩額の場合についてご説明します。
水彩額のサイズ表はこちら

額縁の箱などが残っていれば、そちらに品名の他、サイズ名又は
サイズ(○○×○○センチなど)が記されているのでそちらを
額縁店に伝えていただければわかります。
問題は箱や説明書などが無い場合。
その場合は現在の額縁を実際に計っていただくことになりますが、
その時に気をつけていただきたいのが「どこを測るか」という
ことです。
水彩額の場合、基本となるサイズは「中に入れられる最大サイズ」
です。
よく額縁全体の大きさを測ってこられる方が多いのですが、それで
は同規格サイズの額縁でもフレームの幅によって異なってしまいます。
簡単なのは裏板のサイズを測っていただくことです。ほとんどの水彩額は
このサイズが規格サイズになっています。(一部特殊構造の額を除く)
上の断面図を参考にしてみて下さい。

額縁・絵画の専門店アートフレーミングアイガ
posted by makoto at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 額縁のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36906589

この記事へのトラックバック